個人事業主 カードローン

個人事業主向けカードローンの紹介

MENU
RSS

新生銀行のカードローン!

銀行の中には、自行では個人事業者向けサービスは行っていないものの、系列の別の銀行でそうしたサービスを行っているところもあります。新生銀行はまさにそれです。新生銀行グループ傘下の新生プロパティファイナンスは、個人事業者向けのローンをサービスとして提供しています。事業資金の範囲内でなら自由に利用できるお金を、20歳以上75歳未満、かつ完済時の年齢が80歳以下であれば利用することができます。最大借入れ限度額は1億円です。普通の生活をしている分には必要無い金額かもしれませんが、事業者であれば、ほぼ満足のできる金額なのではないでしょうか。年率は6.1~15%で、最長借入れ機関は25年です。

 

サービスとしては、中小企業向けの「ビジネスローン」、個人事業者向けの「個人事業者向けローン」、新規に会社を起こす人向けの「新規開業ローン」があります。審査は単に支払い能力を調べるのではなく、事業計画や事業意欲、将来性も考慮した柔軟なものになっています。例えば、インターネット通販大手のAmazonなどのように、現状では赤字が続いていても、長期的に見て必ずプラスになると、客観的に判断することができるのであれば、どのような業態でも融資を受けることができます。

 

ただし、新生プロパティファイナンスのサービスは不動産担保が前提となります。現状では南関東の不動産が担保の対象となっているようです。名古屋、京阪神の物件については相談を受け付けています。詳しくは連絡してみましょう。

オリックス銀行カードローンもあり!

元々が法人向けの銀行であったオリックス銀行ですから、個人事業者向けのカードローンサービスが無いわけありません。個人事業者にとって、経営のリスクの一番大きなものは資金繰りです。そのことを勘案した個人事業者専用のカードローン。それが「オリックスクラブカード」です。

 

最高利用限度額は500万円、融資利率は年8.0~17.8%です。これは決して低いとは言い難いものですが、事業者の中でも比較的信用度の低い個人事業者の利用するカードとしてはこうした条件はやむを得ないかもしれません。

 

逆に、このカードローンを最小単位として、より良い条件で融資を得られるように事業を展開するための励みとすると良いのではないでしょうか。また、利用金額や利率のことを考えると、比較的規模の大きな個人事業者が運転資金や、つなぎ資金を調達するためには最適な選択と言えます。オリックスクラブカードの最大の売りは、即時振込や即時返済といったスピードを必要とするサービスです。

 

お手元にある端末で365日24時間いつでもどこでも資金の調達が可能なため、今すぐ必要な資金がすぐに手元に入ってきます。ビジネスカードには珍しく入会金や年会費が無料なため、今すぐに必要でなくても、カードを持ってさえすれば、突発的な事由でどうしても資金を調達しなければならない時に、すぐに利用することができます。これほど心強いサービスは他になかなか見つかりません。安心感が違います。

実績のある地銀、近畿大阪銀行のカードローン!

いわゆるメガバンクや、有名な大手都市銀行などが行っている事業資金向けカードローンばかりが、事業資金の調達方法ではありません。そう大きくない地方の銀行でも、とうぜん法人や事業者向けのローンサービスを行っています。ここでは、近畿大阪銀行のビジネスカードローンを取り上げます。多くの場合、個人事業者や法人向けのサービスは、実際の事業資金に利用できる高額なものと、運転資金の谷間を埋めるつなぎ資金に利用できる、小額ではあるもののスピードキャッシングもできるサービスとに分かれています。

 

近畿大阪銀行のビジネスカードローン「わくどりくん」は後者になります。小額とは言っても、事業資金ですから、その限度額は500万円と決して小さくはありません。金利は利用金額にかかわらず14%とあまり融通が効いているとは言い難いですが、利息の計算や毎月の返済額が銀行のサイト上で明記されているので、利用プランを立てるのにとても便利です。近畿大阪銀行はりそな銀行と提携しているため、りそな銀行および提携ATMで素早く入出金ができるため、借入れも返済も個人向けカードローンと同じ感覚で利用できます。

 

ビジネスシーンには、今この瞬間を逃すと、ビジネスチャンスを完全に逸してしまう場面があります。多くの場合、そうしたチャンスは二度とは巡ってきません。今ここで必要な資金を、必要なだけすぐに用意できる。わくどりくんにはそうした強みがあります。事業の本丸は安定していて、新たなビジネスチャンスを確実にモノにしたいと考えている事業者にはぴったりのサービスです。

最後は信頼の大手、三井住友カードローン!

メガバンクの代表として、三井住友銀行の事業には隙などというものはありません。個人事業者や中小企業が運転資金の調達のために利用する最適なサービスを提供しています。それが「ビジネスセレクトローン」です。

 

このサービスは、今そこにあるチャンスを生かすための資金を提供する、ビジネス資金のニーズに対応するための便利なサービスです。特徴としてはニーズに即応するための回答の早さ、最大利用限度額を5,000万円にすることによって、利用者のニーズにワイドに対応できる、ビジネスローンに有りがちな担保や第三者の保証が一切不要という3つです。

 

利用条件としては、業歴2年以上で三井住友銀行の法人営業窓口で取引が可能であること。決算時に債務超過ではないこと。税金の未納が無いことです。これらの条件をパスし、最新の税務申告書、最新の納税証明書、商業登記簿謄本などを準備すれば、あとは審査を待つのみです。利率は審査結果にもよりますが、最低年2.35%からとなっています。三井住友銀行に口座を持っている場合などは各種の金利優遇制度を利用することも可能です。額が大きいため、一時的なつなぎ融資に利用するというよりは、本格的な事業の拡大や設備投資など、事業全体を拡張するための資金の調達に向いていると言えるでしょう。会社を大きくしたいと考えている人にはうってつけのサービスである半面、業歴の浅い事業者には少々ハードルが高いと言えなくもありません。